aga 対策

aga対策の基本について

agaの対策は市販の育毛剤や育毛シャンプーだけでは難しいと言われています。その理由は、5αリグクターゼと呼ばれる酵素の制御には、通常の育毛剤やシャンプーに配合できないより専門的な治療薬が必要だからです。また、改善には治療薬だけに頼るのではなく、生活習慣や食生活の栄養バランスなど複合的な改善を意識して取り入れていく必要もあります。agaの原因はジヒドロテストステロンであり、男性ホルモンであるテストステロンが5αリグクターゼの働きを受け変化したものです。このジヒドロテストステロンが毛根内で脱毛作用を引き起こすことで、agaは進行していきます。

 

そして、5αリグクターゼを抑制する専門の治療薬がフィナステリドです。フィナステリドを服用することによって5αリグクターゼを抑制し、脱毛指令を出すジヒドロテストステロンに変化する量を抑制します。フィナステリドの入手方法には専門外来で処方してもらう、個人輸入で入手するという2つの方法がありますが、フィナステリドには副作用がある為に取り扱いや服用にはある程度の知識が必要です。いきなりフィナステリドの服用に不安や抵抗を感じる場合は、フィナステリドほどではありませんが、5αリグクターゼを抑制する働きがある栄養素を、サプリメントや普段の食生活で摂取する方法もあります。ヤシの1種であるノコギリヤシには、フィナステリドに近い5αリグクターゼ抑制効果があると言われています。亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンの合成に必要な栄養素でもあり、フィナステリドやノコギリヤシと比べると効果は限定的ですが、5αリグクターゼを抑制する働きがあります。また、フィナステリドやノコギリヤシや亜鉛ほどの効果は期待できないながらも、アロエに含まれるアロエエキスや、みかんに含まれるリモネンにも5αリダクターゼを抑制する効果があるとされています。