aga 薬

agaと薬物治療の種類と期間

最近メディアでも多く取り上げられるようになり、治療効果もあるとされてきているagaは「男性型脱毛症」といわれ、思春期以降に発症する進行性の脱毛症です。主な経過ではこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字型」と頭頂部の髪が細くなる「O字型」があります。脱毛は遺伝的、環境的な要素が関わっていますが、その多くは完全に解明されておらず、特定されたものの中に、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)があります。脱毛は母方の遺伝子から遺伝するといわれており、こうした遺伝的多型が男女の脱毛におけるリスクに関係しています。

 

 ここ最近になって、治療が出来るようになって来ている背景から、育毛・発毛サロンやagaクリニック、また病院の皮膚科でも薬による治療が行われるようになりました。1980年以降実際に効果のある薬物治療が増加し、頭皮のホルモン受容体への作用を特異的に阻害する方法が探求されてきました。現在の脱毛治療は医療機関による内服によるものと、医療機関や非医療機関による施術を行った治療法に分類されます。非医療機関では内服処方は出来ないため、脱毛にいいとされているサプリメントを提供したり、頭部の環境をよくするための発毛HCR法やHARG療法、頭皮マッサージなどを行っています。

 

 医療機関では血行促進系のものと、抗男性ホルモン系のものに分類され、血行促進系ではミノキシジルが脱毛に効果があるとされ、ホルモン系ではプロペシア(フィナステリド)が効果があるとされています。内服するプロペシアは一般的には休眠状態にある毛包から再び毛髪を成長させ、健康な毛髪の脱毛を防ぐ効果が認められています。ミノキシジルは毛髪の再成長について医学的に効果が認められており、一般ではドラッグストアなどで購入できますが、法律により薬剤師の説明が必要とされています。内服を継続的に行っていくためには最低でも6ヶ月の服用が基本です。治療に時間がかかるのは、毛周期がありそれが数ヶ月かかるために時間がかかるのです。治療効果がわかるのに年単位の時間が必要となります。