aga 遺伝子検査

agaの遺伝子検査の方法と注意点

agaとは頭頂部や前頭部に薄毛の症状があらわれる病気で、年齢や生活習慣、栄養状態にかかわらず、主に成人男性に発症すると言われています。もし脱毛や薄毛がこの病気だった場合は医療機関等である程度改善することが可能なため、少しでも自分の毛髪に違和感を感じたら早期に対策をとる必要があります。
しかしながら、一般的な薄毛と病気によるものはなかなか自己診断のみでは判断がつきにくいのが現実です。確実な判断と治療にはやはり医療機関で診察を受ける必要があります。そこでここではaga検査の方法とその注意点等を紹介します。

 

まず検査は一般的に遺伝子検査と診察検査の2つに分けられます。
遺伝子検査というのはagaを発症しやすい体質かどうか、そして専門の治療薬であるフィナステリドが効く体質かどうかを判断するものです。
これは病院ではもちろん行えますが、自宅でも検査キットを購入して自分で行うことが可能な検査となります。
ただしここで注意すべきなのは、病院で検査をした場合は自分が発症した状態なのかどうかまでを調べることが可能ですが、検査キットを使用した場合は自分が発症しやすい体質なのか、そして薬が効きやすいのかまでしか調べることができず、実際にすでに発症しているかどうかまでは判断できないということです。よくこの点を勘違いして購入してしまう方も多いので注意が必要です。
次に、もう1つ検査方法としては病院で診察を受けることがあります。
病院は具体的に皮膚科もしくは専門外来での受診となります。自分で検査する場合と違って実際に発症しているかどうかまで正確な診断結果が出ますし、治療薬も処方してもらえます。薬は個人で購入することもできますが、副作用等があるので病院で処方してもらう方がより安心して使用できるでしょう。
ただし病院で検査をする場合、皮膚科は専門外来より安く済む場合がありますが、取り扱っていない病院もあるので、あらかじめ確認をしておく必要があります。