aga 保険

aga治療に健康保険は適用されるのか

agaは男性ホルモンが影響して薄毛や抜け毛となる男性型脱毛症の事を指します。日本国内の医療機関で治療を受けるという場合には、治療薬として内服薬と育毛剤を併用するというのが一般的です。治療に使用される医薬品に関しては、残念ながら健康保険の対象とはなりません。つまり、治療にかかる費用は全額治療を受ける人が負担する必要があるということになります。

 

agaの抜け毛の直接の原因となっているジヒドロテストステロンの生成を防ぐことが出来る内服薬は、服用をやめてしまうと抜け毛が多くなってしまいます。そのため、抜け毛を予防するためには、服用を継続的に行う必要があります。
多額の費用が掛かることから、内服薬での治療ではなく、外科的な治療を選択するという方法もあります。

 

また、agaの治療は医療費控除に関しても適用外とされています。これは、治療内容が美容整形などの美容を目的としている治療と同じように考えられているためです。ただし、医師の判断により美容目的ではなく治療行為であるということが認められている場合には、控除を受けることが出来る可能性もあります。抜け毛を抑える効果のある医薬品は、個人輸入という方法により海外から個人的に購入することが出来ますが、この場合には、医師の処方箋がありませんので、目的が抜け毛の防止や予防であっても控除を受けることが出来ませんので、注意が必要です。

 

しかしながら、申請をしても必ずしも控除を受けることが出来るというわけではありません。税務署もしくは税務署職員の判断によっては控除を受ける事が出来ない可能性もありますので、手続きを行う際には事前に最寄りの税務署に確認するようにしましょう。