AGA 病院

AGA治療の病院の失敗しない選び方

最近良く目にするAGA治療は、早めに病院に受診して対策を取ろうというCMでも盛んに聞かれるようになった、AGA治療の為の失敗しない選び方について説明します。
まずAGAとは男性ホルモンの作用によって、髪の毛の成長のサイクルが短くなる事で、髪の毛が成長しきらない内に抜けてしまって、薄毛の原因となる症状の事を指します。
この場合は育毛シャンプーなどでは、効果的な解決法とならない場合があり早期に専門治療を開始する事が重要です。
成人男性に多く見られるAGAは、一般的な原因として男性ホルモンの影響や遺伝などが大きく関係していると言われていて、進行性の男性型脱毛症です。
薄毛の状態になってしまったとしても、産毛は残っているので毛包がある限り太く長く育てる事は出来ます。
なので諦めずに、病院などに通う事が必要です。
ではAGAに悩む人達が、病院選びで失敗しない選び方はどのようにしたら良いのかというと、まずは効果を実感している人が多くいる、治療実績の多さが参考になります。
多くの人が通って実際に効果が出ている病院には、専門に治療を行える体制や治療についてのメニューなどが整っている病院といえますので、そういった点を重点的に見極めると失敗しない選び方が出来ます。
専門のクリニックなどを選ぶ事で、より個人に合った治療法を提示してくれるので高い効果を期待する事が出来ます。
インターネットでの口コミや、比較サイトなどを検索して自分に合った専門のクリニックを探してみてはいかがですか。

全国に1260万人いるAGAについて

最近CMやテレビなどで耳にするのでAGAについて知っている方も多いことでしょう。
AGAとは男性型脱毛症のことで、全国で1260万人いると言われています。その中でも病院やクリニックで治療を受けていたり、何かしらのケアをしている人は約650万人います。
年齢の割に髪の毛の量が少ない、頭頂部の薄毛が目立ってきた、抜け毛の量が増えてきたなどがAGAの主な症状です。AGAは進行性で、抜け毛や薄毛などの症状が出てきたらその症状はゆっくりとではありますが確実に進んでいきます。
AGAについての治療法はいくつかありますが、一般的に病院で処方されるフィナステリドやミノキシジルという治療薬が知られています。
フィナステリドはAGAの原因とされている男性ホルモンジヒドロテストステロンを抑える働きがあります。その効果が現れるまでは3ヶ月?半年とされており、もっと長い人もいます。
ミノキシジルは頭頂部から症状が出てくる人に適している薬です。毛細血管を広げ、血行を良くすることで症状の改善が期待できます。

agaはお医者さんで治療できます

agaは病院で治療できるようになりました。これまで、AGA(エージーエー)を改善するための「育毛剤」というと、薬局やドラッグストアで気軽に買えるというイメージでした。しかし、MSD(旧:万有製薬)から発売された飲む育毛剤「プロペシア」の登場によってAGAは病院で治療できるようになりました。ただし、この薬は処方薬であるため、AGAの病院(もしくは皮膚科)で医師の診察を受けなければ処方されません。どのような病院に行けば、安心してAGA(エージーエー)の治療を行ってもらえるのでしょうか。AGAの病院(AGAの治療薬を処方してもらえる病院)は増えましたが、その多くは専門病院ではなく、多くの治療の中の1つとして診察を行なっています。AGAやそうでないケース、皮膚炎とAGAの混合型など、実は薄毛にもさまざまな原因があります。AGAの専門病院はそう多くはありませんが、できるだけ専門性の高いクリニックへの通院、診察と治療が悩み解消への近道となります。

 

AGA(エージーエー)の治療は、病院ならどこでも治療してもらえるというわけではありません。基本的には皮膚科でのAGA(エージーエー)治療が一般的とされていますが、一部、内科や形成外科のある病院でも治療しているところがあるようです。また、皮膚科に行けばどこでも治療してもらえると思いがちですが、今はまだAGA(エージーエー)の治療を行っていない皮膚科もあるようなので病院にいく前には、AGA(エージーエー)の治療を行っているかを問い合わせをしてから病院へ行くのがよいでしょう。AGA治療薬を処方してくれる病院が見つかったとしても、AGA治療というのは単純な治療ではありません。ただフィナステリドを服用したからといって、すべてのAGA患者に効果でてくるというわけではないからです。専門クリニックでは、豊富な経験と知識を身につけた医者が担当しますので、皮膚科的観点からも診療を進め、薄毛や抜け毛についてのAGA対策を計画していきます。また、一人ひとりの症状に合わせた費用についても、きちんとご説明しますので、安心して治療と向き合うことができるでしょう。

agaの治療の種類と、一般病院と専門病院の違い

agaとは男性特有の脱毛症のことで、症状としては、生え際や頭頂部の脱毛や薄毛が挙げられます。以前は、これらの症状は遺伝や精神的な要因が引き起こすと考えられていましたが、最近では、男性ホルモンのバランスが大きな要因として挙げられており、治療法も確立されるようになりました。
治療には、大きく分類すると、薬局やインターネットで治療薬を購入し、自分で治療する方法と、一般病院の皮膚科か専門の病院で治療する方法の二つに分けられます。現在、効果があるとされている薬の種類としては、フィナステリドを主成分とした内服薬とミノキシジルを主成分とした内服薬と外用薬があるのですが、フィナステリドとミノキシジルを主成分とした内服薬は、日本の薬局で販売することは認められていないため、インターネットで個人輸入という方法で購入する必要があります。ただし、この場合、副作用などのトラブルが発生しても自己責任という扱いになることがほとんどなので注意が必要です。

 

一方、病院で治療を受けた場合、医師の診察を受けた上で、内服薬を服用することができるので、万が一副作用が生じた場合でも、医師に対応してもらうことができ、安心して治療を続けることができます。治療の流れとしては、医師の診察と薬を処方する前に血液検査を受けるのが一般的で、血液検査に異常が無ければ、治療薬を処方してもらうことができます。病院には一般病院と、専門病院があり、どちらも基本的な治療方法は変わりませんが、専門病院では、通常の治療に加えて、頭皮の改善やサプリメントの提供など、基本的な治療に独自のアレンジを加えている場合がほとんどなので、一般病院より価格が高額になる傾向があります。治療の際は、ホームページなどで、治療方法や金額を確認しましょう。

更新履歴